スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境にも体にもやさしいチョコ!

環境にやさしいチョコ アルテルエコ

フランスの代表的なフェアトレード食品ブランド「アルテル・エコ」
アルテル・エコが販売しているチョコレートに「環境にも体にもやさしいチョコ」ああるのを知りました。

日経MJによると、
上記の「アルテル・エコ」はは、南半球の発展途上国の51箇所で、フェアトレードの原則に基づいた労働条件で生産される珈琲、紅茶、砂糖、ビスケット、フルーツジュースなど2130種類を扱っていますが、近年、過去6年間で売り上げが23倍となるという急成長を遂げています。

この理由には、フランス国内での近年、フェアトレードへの関心が急速に高まっていることも影響していますが、扱う商品のおいしさも成功の1つのようです。

昨年の代表的な商品は、会社設立10周年を記念して発売された、
フェアトレード
「オーガニック」
「実質二酸化炭素(CO2)ゼロ」
を実現した、【パーフェクトなチョコレート】だそうです。

アルテル・エコ社のPRをする訳ではありませんが、同社は、バイオダイバーシティ(生物の多様性)の保護、生産者の職に対する権利の尊重など、フランス国内のオーガニック商品認定ラベルの基準を超える自主基準を設けています。(日経MJ6月より)

旧植民地の恩恵が多少あるとは思いますが、さすが、市民意識の強いフランスっといったところでしょううか。

また、「実質CO2ゼロ」を達成するために、自社の商品の生産から消費までのCO2排出量を算出、分析し、その削減に励んでいるという徹底さに驚かされました。

お味のほうは?筆者は食したことは未だありませんが、フランス旅行に行く予定もないので、通販で手に入ったら食べてみたいと思います。

FC2 Management

theme : エコロジーライフ
genre : ライフ

tag : 環境 体に優しい チョコレート アルテルエコ フェアトレード

ワケあってリサイクル!ペーパーバック

新聞紙・・普段生活していて読まなくても全く関わらないということはまずないもの・・といっても過言ではないといえるでしょう。
毎日発生する古新聞をもったいないとおもいつつもまとめて捨てている方も多いと思います。
以前から古新聞を使ったアイテムはこだわりをもった方々によって生まれていますが、5年ほど前から古新聞のバックが開発、販売されています。
日経MJによると、
四国の高知市から、車で2時間ほどの道の駅四万十とおわ」では、「古新聞を捨ててしまうにはもったいない。何度も使える紙袋にできないか」・・という発送を基点に、古新聞を原料とした紙袋が販売されています。
この「新聞バック」は、新聞紙を2枚ずつ重ねて折ってのり付けしているだけの様ですが、丈夫で安定感があり、持ち手も程よい硬さ・・とリーズナブル。過去、100枚程度だった販売量が、ネットなどで認知され、現在では売り上げは1000枚を越すほどになっている様です。
ちなみに、この「道の駅 四万十とおわ」で売られているバックは、地元の記事が載った古新聞のみを使用したプレミアム版の様です。

上記の「新聞バック」は勿論、
新聞紙の利用価値にあらためて感心しました。
変な話ですが
よく、ホームレスの必須アイテムに新聞紙が含まれる訳がわかる気がします。(汗

theme : **エコを知ってHappy**
genre : ライフ

tag : 古新聞 リサイクル 四万十とおわ 道の駅 新聞バック ペーパーバック

国際基準グリーンキー

最近では、家庭や有名ブランド店やギャラリーなどで企業規模のエコ活動が盛んに行われてきていますが、その動きはホテルや飲食店にも広がりつつあります。

ホテルや飲食店を対象としたして、国際環境NGO(非政府組織)の環境教育基金(FEEE)が認定する
国際基準グリーンキーというものがあります。

日経MJによると、。
山形県酒田市のビジネスホテルホテルリッチモン&ガーデン酒田」では、「シャワーは1分間に12リットル以内」「夜間の騒音は40デシベル以下」という様な79の条件をクリアして、5月にデンマーク発祥の国際的な環境基準「グリーンキー」の認定を日本で初めて取得した様です。
具体的には、
・全てのシャワーを節水用のヘッドを使うことで水の使用量を10%減らしたり
・分別を徹底し最近3年間でゴミの量を半減
など・・
特に、2つめの「ゴミのリサイクルの徹底」したことにより、
年間、約6000kgものCO2の排出削減効果があった様です。
これは、自然とホテル利用者(宿泊客)にもゴミ分別などを求めることになり、ホテル側にとっては、始めのうちは利用客の減少にもつながりかねない様な気がします。でもこの様な活動が多くの人に受け入れられ、当たり前になれば、大きなCO2削減活動につながる可能性を秘めている気がします。

偉そうに発言できる立場ではありませんが、
なかなか現実的には問題があるとは思いますが、関係者の方々には根気強く頑張ってもらいたいものです。

また、上記ホテルの「「ゴミのリサイクルの徹底」・・いらないと思ったものでも再利用して、無駄にゴミをださないところは実践しやすいと思うので、筆者も日々心がけようと思っています。

theme : **エコを知ってHappy**
genre : ライフ

tag : 国際基準 グリーンキー ホテル 酒田市 ホテルリッチ&ガーデン酒田 山形県

コカコーラに塩漬けレモン!?

 日経MJによると、コカコーラを飲むのに香港では「龍凰檸楽」という飲み方が流行っているらしいです。
 「龍凰檸楽」は、昨年からキャンペーンを始めたた飲み方。龍と鳳凰(ほうおう)を冠した演技の良いネーミングも受け、香港の喫茶店「チャーチャンテン」の定番メニューになり始めているらしいです。

 このコーラの新しい飲み方、「龍凰檸楽」とは、コーラの中に「レモン」と「レモン塩漬け」を加える飲み方です。
 作り方は簡単。輪切りのレモンと2つに割った塩漬けレモンをグラスに入れ、その上にコカコーラを注ぐだけです。レモン塩漬けは、のどに良いのですが、そのまま口に入れると塩辛いので、2種類のティースプーンでぐちゃぐちゃに潰して飲むのが「香港流」だそうです。
 お味のほうは、まさに、しょっぱくて酸っぱいコーラで、「汗をかいたときにちょうどいい」という方もいるとか・・。
 もともと、レモンとコーラを混ぜたメニューがあり、「龍凰檸楽」はその進化形だそうです。そのほかにもコーヒーとコーラを混ぜた「珈琲可茶」などのコーラの飲み方もあります。
 香港では、上記のようなごちゃ混ぜメニューが既に市民権をえていたので、受け入れられる土壌が既にあったので「龍凰檸楽」がヒットしているみたいです。

 「龍凰檸楽」の読み方、もしわかる方いらっしゃいませんか?

theme : ドリンク
genre : グルメ

tag : コカコーラ 塩漬け レモン 香港 龍凰檸楽

天然はちみつの生キャラメル「森の蜜」

天然はちみつの生キャラメル 森の蜜

 キャラメルってちょっとした時に食べたくなりなりますよね。仕事をしていて何か口に含みたいとき(あっこれでは、ガムかキャンディーでもいいのか(汗
 でも、ちょっと小腹がすいているときとか、食べた後、何かほっとするなれる・・そんな時はキャラメルが
向いていると思いいます。

 天然はちみつの甘い甘い風味を生かした「はちみつ生キャラメル」を日経MJからご紹介します。

--------------------------------------------
 
 この「はちみつ生キャラメル」は、兵庫県西宮市にある養蜂場「六甲みつばち王国」が発売するはちみつ「森の蜜」をふんだんに使用しています。この「森の蜜」に生クリーム、バターグラニュー糖、糖質トレロースを加えて加熱し、冷ましてカットして仕上げています。バニラビーンズと塩を使い、はちみつの華やかな風味を引き立てています。生キャラメルなので保存の際は、冷蔵庫で冷やしてください。

(要冷蔵)
(容量) 10個入り
(価格) 1,000円
(発売元) ベルン(兵庫県西宮市)
(TEL) 0798-54-3439
-------------------------------日経MJ 5月より

発売元「ベルン」の公式ホームページはコチラ

theme : お菓子
genre : グルメ

tag : 生キャラメル 森の蜜 ベルン 天然はちみつ はちみつ生キャラメル

CalendArchive
検索フォーム
YouTubeを検索

developed by 遊ぶブログ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。